無料診断 あなたの膝の状態が簡単1分ですぐにわかります。

この質問表は変形性膝関節症患者さんの膝の痛み、日常生活の状態、 普段の生活、健康状態についてお尋ねするものです。
みなさんが感じているままの痛み、しているままの状態について、 最もあてはまる回答肢を選んで下さい。
※医師または治療担当者の前では記入しないで下さい。

こんな膝のお悩みありませんか?
カウンセリングから施術までの全体の流れ カウンセリングから施術までの全体の流れ

ラグラン銀座医院で膝の悩みを解決した方々

変形性膝関節症における「幹細胞治療」の有効性

  • ①痛みの軽減と細胞を修復

    脂肪幹細胞が持つ抗炎症作用と細胞を再生する働きにより、
    関節の修復と炎症を抑え痛みの緩和が期待出来ます。

  • ②脂肪の採取はほんの少量

    20mlの脂肪から幹細胞を培養し、必要量まで増やしますので痩せ型の方やご高齢の方でも採取可能です。

  • ③信頼出来る培養施設

    厚生労働大臣の許可を受けた培養施設に委託しております。

再生医療以外の膝の治療法を紹介

薬による治療

通常、保存療法では十分な効果が認められず、痛みなどによる歩行障害によって日常生活に支障をきたすようになった場合には、通常手術を行うことを検討します。
手術には大きな痛みを伴い、合併症のリスクもあります。また、進行した変形性膝関節症の場合、どういった基準で医師は手術が最適な治療法と判断し、患者様に手術をお勧めするのか、そして患者様はどの様に理解されて手術を受けられているのか、このような明確な基準というのは、今まで存在しませんでした。
そこで当院では前述の「質問表」を基にした解析から、進行してしまった変形性膝関節症の方で、ある一定の条件を越えた場合に、医師の手術を考えていただいております。

手術療法

<手術のタイミング>

通常、保存療法ではで十分な効果が認められず、痛みなどによる歩行障害によって日常生活に支障をきたすようになった場合には、通常手術を行うことを検討します。
手術には大きな痛みを伴い、合併症のリスクもあります。手術を安全に行うことは勿論のこと、術後の痛みを減らす努力や、血栓症などの合併症を早期に検出する努力も不可欠です。
また、進行した変形性膝関節症の場合、どういった基準で医師は手術が最適な治療法と判断し、患者様に手術をお勧めするのか、そして患者様はどの様に理解されて手術を受けられているのか、このような明確な基準というのは、今まで存在しませんでした。
そこで当科では前述の「質問票」を基にした解析から、進行してしまった変形性膝関節症の方で、ある一定の条件を越えた場合に、医師が手術を考えていただいております。
多くのリスクを含む手術をする前に当院では手術以外の治療法をお勧めしており、変形性膝関節症が進行してしまっても、痛みなく、楽しく歩く生活を取り戻すことができるようになることのお手伝いができればと考えています。

手術法
  • 関節鏡手術

    主に中期の方が対象の手術になります。関節鏡によって関節の中を洗浄し、
    傷んだ軟骨、半月板を切除して痛みの軽減を図ります。入院が1~2泊で済む事や、傷が小さくすみますが、症状の軽減効果が必ずしも長続きしない欠点があります。

  • 高位脛骨骨切り術

    ひざの骨(脛骨)のひざ付近で、骨を内側から外側に向かって切り、くさび型に広げその状態で固定する方法です。
    これで、下肢のO脚変形を修正でき、の内側の関節軟骨が損傷してしまい痛みが強い場合でも、スポーツなど活動性を維持するために行う、関節を置換せず温存する方法となります。

  • 人工膝関節置換術

    大きく2種類あり。金属と特殊プラスチックにより膝関節を全体的に置換する方法(人工膝関節全置換術)と、損傷が膝の内側に限局されているケースに限定となりますが、膝の内側のみを置換する方法(人工膝関節単顆置換術) があり、輸血の可能性もあります。

術後は、膝は厚い包帯で軽く固定されますが、リハビリは手術当日から始まり手術2日後から立つ練習や歩く練習を開始し、
通常1週間目で歩行器を用いて病棟の廊下が歩けるようになります。退院目安は手術後2週間半です。

よくあるご質問

カウンセリング後は、必ず再生治療にお申込みしなくてはいけないでしょうか。

無料カウンセリングを受けていただき、治療方法やご契約内容にご納得いかない限り
ご契約していただく必要はございません。
セカンドオピニオンしていただいても問題ございません。

変形性膝関節症の再生治療は健康保険適用となりますでしょうか。

まだ保険適用外となりますので自由診療となります。保険認可になりましたら更新させていただきます。

治療時間はどのくらいかかりますか。

脂肪の採取、幹細胞の注入はそれぞれ30分程度となります。幹細胞の必要量まで培養するのに約60日ほどお時間をいただきます。
治療開始から完了まで約2ヶ月とお考え下さい。

入院は必要でしょうか。

脂肪の採取と幹細胞注入にご来院いただく必要がございますが、日帰りにてお帰りいただけます。

お名前(ひらがな)必須
E-mail必須

携帯電話番号必須
ご予約希望日時任意
  • 第一希望 
  • 第二希望 
その他ご質問等任意
■住所 / 〒104-0061 東京都中央区銀座1-8-17 伊勢伊ビル 6F
■アクセス / 東京メトロ「銀座一丁目駅」から徒歩2分 東京メトロ「銀座
■受付時間 / 火曜・水曜・木曜 12:00~19:30(休診時間 15:00~16:00)
金曜 10:00~19:30(休診時間 15:00~16:00) /
土曜・日曜・月曜 10:00?18:00 (休診時間 13:00~14:00)
※月曜日は、変性膝関節症の専門日となります。
※日曜日・月曜日が祝日と重なる際には事前にご確認をお願いいたします。
■お問い合わせ / 03-6228-6825